BLOG

今日から新しい楽器が仲間入りしました。

ギロという楽器です。

生徒さんも大喜びで弾いていました。弾いた後に「虫の鳴き声に似ている」と感想を答えてくれました。

教室には、鉄琴、タンバリンと鈴は大きい物と小さな物、カスタネット、マラカス、シェイカー、 トライアングル 、ウッドブロック(2種類)、ボンゴがあります。ギロも仲間入りしました。

全て国内楽器メーカーの楽器です。

楽器に触れてもらったり、音で楽器名を当ててもらったりしています。
まず、音楽を好きになってもらう事が大事だと考えています。
今日は、ピアノのレッスン中に鍵盤ハーモニカのレッスンもしました。

ピアノは、一度音を鳴らすと、だんだん小さくなり、途中から音量を変えることが出来ません。

鍵盤ハーモニカは、吹く息の量で変化するので、弾いた後にだんだん大きくする事も出来ます。

第1回目の鍵盤ハーモニカのレッスンでしたので、色んな強さで長く弾いたり、だんだん小さく だんだん大きく弾いてもらいました。タンギングの練習も行いました。これは、学校でリコーダーや鍵盤ハーモニカを習う際にも使えるテクニックなので、予習としても効果的だと思います。
ピアノの演奏においても長い音を聞き続け、どう演奏するかを考える上で勉強になります。
次回から曲を弾きます。
楽しそうに取り組んで頂きました。
昨日、生徒さんから、「オクターブを連続でよく使うから、手が痛いです。」とお知らせ頂きました。

手を開いたままで使い続けると、腱鞘炎など手を痛めてしまう事もあります。

音が鳴ると同時に力を抜く事が大事です。音の響きもよくなります。

まず、お膝の上で手を開く、緩めるを繰り返して頂きました。

その後で、ピアノでゆっくりオクターブの連続を1音弾いたら、手を緩める動作の練習をしました。

まりつきをするように、弾いたら、すぐに手のひらの力を抜いていきます。


まだピアノをはじめて間がない小さなお子様は、手首が下がってしまう事が多いです。

悪い癖がつかないように、時々、手の甲におはじきやコインを置いてもらっています。

落ちないように気をつけるので、手の形は、とても綺麗になります。

1週間コインを乗せて練習してくれた生徒さん。

手首が下がらず、いい手の形になっていました。

同時に響く音を弾くためには、腕の脱力も大切です。

コインを乗せずに、クラスター弾きで(ぐーやパーの手で弾く事)、腕の脱力の練習も引き続きしてもらっています。




今日、教室の壁に上記の「線の音と間の音 音符の長さ」のプリントを貼りました。

お家のピアノのそばに貼ってねと生徒さんにも渡しました。

ネットで購入したものなのですが、音符や休符の長さがりんごの数でわかるほか、ドレミファソラシドがそれぞれ五線のどの位置に対応しているかが視覚的に読み取れます。

楽譜を読むとき、指で数えてしまうことのないよう、直感的に、ドレミファソラシドのどの音かを理解できるようになってもらえるように、この教材を繰り返し見て覚えてもらえたらな、と思います。



今月の動物体操にフラミンゴがあります。(EQWEL ドレミコース)

お母さんと一緒に片足立ちでフラミンゴになってバランスを取って体幹を鍛えます。

足を高く上げたり、高く上げた手をゆらゆら揺らしたり、お昼寝ポーズをとったりして色んなフラミンゴポーズをします。

始めは、おっとっととふらふらしていたり、壁にもたれたり、片足立ちが難しかった生徒さんも、ご家庭で練習してくれたおかげで、バランスとってピアノに合わせて立てるようになってきました。

小学生になる前に45分しっかり座れる身体を作ります。
今月から生徒様に4月からのレッスン予定をお伺いしています。

進級や他の習い事により今までの時間では、ご都合が悪くなる方がいらっしゃいますので、毎年この時期にレッスン可能な時間をアンケートにご記入して頂いています。

3月初旬には、レッスン予定が決まります。

4月からは、新たにリトミックを取り入れた鍵盤導入コースを幼児向けに始める予定です。(リトミックピアノ)

4月からもどうぞよろしくお願い致します。
今日はシールを購入しました。

ピアノレッスンでは、曲が合格したら、ページの端っこにシールを貼ってもらっています。

リトミックレッスンでは、歌の発表をしたり、課題をしてくれた時に、プリントにシールを貼ってもらっています。

どんなシールが喜んでくれるかなと思って選んでいます。生徒さんに好きなキャラクターを聞く事もあります。

シールを励みに練習を頑張ってくれると嬉しいです。

シールを選ぶのも楽しいです。

今日は、1歳のお子様と3歳のお子様のリトミックがありました。
1歳のお子様は、今日第1回目のレッスンです。レッスン中、何度もお母様にぎゅーと抱きしめてもらい、笑顔をたくさん見せてくれました。

3歳のお子様は、入会して4カ月になりました。
どのレッスン内容にも意欲的に取り組んでくれました。4カ月間での成長を感じています。
リトミックでピアノに合わせて、書く練習もしています。今日は、自宅でして頂く課題に数字を書くプリントを渡しました。


ピアノのレッスンも年中さんから6年生の生徒さんまで来てくれました。
年中さんはピアノの他にも、音の書き取りやカードで音符読みなどの練習をしました。
5年生の生徒さんは、カノンと乙女の祈りのレッスン。
6年生の生徒さんは、卒業式の伴奏に挑戦。明日がオーディションです。

今日、小学2年生の生徒さんがバッハのメヌエットを弾いてくれました。

バロックダンスの映像を見てもらい、メヌエットのステップの説明と練習をしてから今度は私がメヌエットを弾き、生徒さんに曲に合わせて踊ってもらいました。

400年程前の曲を再現するのは、当時の楽器 宮廷の様子 ダンスなどたくさんの知識が必要です。

踊ってみて、テンポの大切さ、優雅な音楽など理解して頂けました。

脱力奏法ではなく、指中心のタッチが求められるので、難しいと、言っていました。

来週また聴かせて頂けるのを楽しみにしています。
今日は、楽器のマーチの歌に合わせたカルタを作りました。

フラッシュカードを見ると何回目かで自然に覚えてくれます。

覚えた頃にカルタ遊びをしようと思って作りました。