牧歌(ブルクミュラー作曲)

今日、2年生の生徒さんがブルクミュラー作曲の牧歌を弾いてくれました。

牧歌とは、歌ではなく、羊飼いの笛の音の事です。

羊飼いといえば、'アルプスの少女ハイジ'に出てくる男の子のピーター。

昔は、子供が羊飼いの仕事をしていました。

毎日、羊に草を食べさせるために、広い草原で、放牧する仕事です。


1小節~10小節まで、羊飼いの吹く笛の音が草原で響き渡るようです。

11小節~雰囲気が変わります。15小節に出てくる減7の和音の恐そうな雰囲気を予感させるようです。

もし、雨が降ったら、羊が濡れて、雇い主さんに怒られるから、11小節~だんだん天気が悪くなってきたのかもとイメージを伝えました。

17小節~また、曲の雰囲気が明るくなります。天気がよくなったのかもしれません。

演奏者の役割は、作曲家の想いを聴き手に伝える事。


曲をお渡しする時に曲のイメージを一緒に考えたり、伝えたりしています。

よしはらピアノ.リトミック教室

よしはらピアノ.リトミック教室は、高松市桜町にある、ピアノとリトミックの音楽教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000